FC2ブログ
2018_10
21
(Sun)13:46

2018年 ポルトガル 3日目 

3日目。
天気良し。

Praça do Comércio (コメルシオ広場)の西側にある、Cais do Sodré (カイス・ド・ソドレ駅) へ。
3日目とあって、石畳の道を歩くのにも慣れてきた。


2018年ポルトガル

ここで、Cabo da Roca (ロカ岬) 行きバスが出るCascais (カスカイス) 行きのチケットを買うため、券売機前の列に並ぶ。
自分の番が来て、券売機の前に立つと、丁度隣の機械は調子が悪いらしく、駅の方?がメンテしている。
いざ買おうとすると、またしてもViva Viagemカードが必要らしく、初日に買ったカードを使ってみようとするが上手くできない。
忙しそうに見えるので声をかけづらくはあったが、こっちもモタモタしていると後続の人達に悪いので、メンテ中の人に聞いてみると、どうも近郊列車とメトロではカードが違うらしい。
アクセスできる範囲が違うのだから仕方ないのかも知れないが、同じようなカードをまた買わなければいけないの、正直めんどい。
ついでに機械の操作も教えてもらい、まんま同じ操作をして、無事チケット購入。
と、どうも購入したのは、Cais do SodréとCascaisの往復になってしまっているっぽかった。(実際そうなのか、聞いて確認した訳ではないのだが)
帰りは、Sintra (シントラ) 側から帰ろうかと思っていたのだが、一旦諦める。





2018年ポルトガル

窓までアート(落書き?)が広がる電車が到着。

途中、川沿いの道はなかなか散歩に良さそうだった。
リスボンにいる間にBelem (ベレン) には行くつもりだったので、せっかくだから、今日の帰りに途中下車して寄ってゆくことに決定。

Cascaisまで3、40分くらいだったろうか。
ここから403番のバスに乗れば岬まで行けるようだが、バスターミナルの場所がよく分からない。
と、よくよく調べれば、駅の反対側に出てしまったらしく、そちら側に行けば商業施設の下にターミナルがあるようだ。



2018年ポルトガル

と、着いたらば、バスは少し前に出てしまったらしい。
スムーズにここまで来てれば乗れたであろうが、仕方ないので次までボーっと待つ。

バスに乗ってから大体30分くらいで、岬のそばにあるターミナルに到着。

ついに、あの水曜どうでしょう班もたどり着いた?、「ユーラシア大陸最西端、ポルトガルはロカ岬」に来たのだが、



2018年ポルトガル

霧がすごくて、海があんまり見えない。。。。。



2018年ポルトガル

ヨーロッパ終端。



2018年ポルトガル

風が凄く、霧の流れも速い。
そのせいか、かなり寒い。



2018年ポルトガル

すこし南側を向けば、海も見えた。


2018年ポルトガル




2018年ポルトガル

北欧の北極圏で、二度の到達証明書発行チャンスを逃しているうっかり者の我々も、バス停近くのインフォメーションで、到達証明書の発行をしてもらえることは確認しておいた。
のだが、来た事実があるからまぁいいか、ということになり、そのままバス停で帰りのバスを待つ。

403番は、Cascais行きとSintra行きのバスが出るのだが、遅れているのか時間通りに来ないし、いざ来てみるとSintra行きだったりする。
が、また岬を見に行ったりして、その間にバスが来ても困るので辛抱強く待つ。



2018年ポルトガル

Cascaisまで戻ってきた。
ここで昼食を取ることに。



2018年ポルトガル

リゾート感ある町なので、雰囲気だけの店に入らないようにしたかったのだが、かなわず。
味も割りと普通の店を選んでしまった。



2018年ポルトガル

駅まで戻り、列車へ。
Belem手前のAlges (アルジェス) 駅で降り、Belem方面へ歩く。

少し歩くと、Monumento aos Combatentes do Ultramar (追悼のモニュメント) が見えてきた。
植民地戦争で犠牲になった兵士を追悼するためのもののようだ。




2018年ポルトガル

近くには、Torre de Belém (ベレンの塔) が。周りは公園になっているので、みなのんびりしている。



2018年ポルトガル

Av. Brasília (ブラジリア通り) をさらに東に歩くと、Padrão dos Descobrimentos (発見のモニュメント) が。
と、その前に。
ずっと日なたを歩いていて、暑くてかなわないので、手前のお店でジェラートを食べて一休み。



2018年ポルトガル




2018年ポルトガル

手前の石畳には、ポルトガル人航海者が辿った航路を刻んだ地図が。
日本の部分には「1541」とあるが、それは、ポルトガルの船が豊後に漂着した年なんだそうな。



2018年ポルトガル

通りを渡り、Mosteiro dos Jerónimos (ジェローニモス修道院) へ。



2018年ポルトガル

中に入る行列があると思ったが、そのようなものは見当たらないし、入り口らしきものも見つからない。
今は中に入れない?



2018年ポルトガル

外をうろうろしていたら、一部は入れるようになったようなので、内部を見学。



2018年ポルトガル

少しでも中が見れたので、それで良しとして先へ。
エッグタルトといえば、というお店があるらしいので、そちらへ。

Pastéis de Belém
http://pasteisdebelem.pt/




2018年ポルトガル




2018年ポルトガル

お店には次々お客さんがやって来て、店内もごった返している。
いただいたエッグタルトは、がんばってお店に行った甲斐がある美味しさだった。



2018年ポルトガル

Belem駅を歩いて通り過ぎ、、、、、



2018年ポルトガル

Ponte 25 de Abril (4月25日橋) をくぐり、、、



2018年ポルトガル

R. Cascais (カスカイス通り) を曲がり、進路をやや北へ。
ずっと歩いてゆけば、ホテル近くにたどり着けるはず。

途中、Copenhagen Coffee Labの別店舗を見つけた。
コーヒーで一休みしたかったけれど、営業時間過ぎてた。残念。



2018年ポルトガル

途中のスーパーで水などを購入しつつ、がんばって歩き、見たことあるところまで戻ってきた。
一旦ホテルに戻り、しばし休憩。



2018年ポルトガル

夕食は、Praça do Comércioそば、1782年からやっているというポルトガル料理のお店「Martinho da Arcada e Lisboa」へ。



2018年ポルトガル

鰯の炭火焼きと


2018年ポルトガル

バカリャウ(塩漬けにした干しダラ)の料理とワインを。
とても美味しいのだが、量が多くて食べきるのが大変。



2018年ポルトガル

あと少しで日付が変わろうかという時間。



2018年ポルトガル

Arco da Rua Augusta (勝利のアーチ) をくぐってR. Augusta (アウグスタ通り) へ入る。



2018年ポルトガル

沢山食べて、やや苦しいほどなのに、なぜかジェラートを食べて。。



2018年ポルトガル

ホテルへ戻る。

Pr. dos Restauradores (レスタウラドーレス広場) のあたりで、やたらとクスリの売人らしき人に「いらない?」と声をかけられた。
当然無視。





関連記事

0 Comments

Leave a comment