2017_09
29
(Fri)22:37

2017年9月ノルウェー 2日目 

2日目。今日は移動日。
昨日スーパーで買っておいたヨーグルトなどで朝食を済ませ、まずはオスロ中央駅へ。


2017年9月ノルウェー


ノルウェーも総選挙らしい。


2017年9月ノルウェー


昨日と同じ、flytogetで空港へ。


2017年9月ノルウェー


Kirkenes着。
飛行機で大体2時間くらいか。


2017年9月ノルウェー


熊が出迎え。


2017年9月ノルウェー


Kirkenesの港からHurtigrutenが出るまで、1時間半弱しかない。
ここから車だと、15分程度のようだ。
当初は、タクシー捕まえるつもりだったが、丁度街の中心にあるScandicホテル前まで行くバスが来ていたので、そこまで行って、それから先は後で考えることに。


2017年9月ノルウェー


さてどうしたものか。
大体の方向は分かるのだが、時間にあまり余裕がないので、ホテルで聞いてみると、地図をくれ、行き方を教えてくれた。
E6まで出て、東に向かって行けば良いらしい。
途中の標識に、Murmansk(ロシア、ムルマンスク 州の州都)の文字が。
ロシア・・・・行ったことない。


2017年9月ノルウェー


出来れば、ゆっくり景色見ながら行きたかったが、どの程度時間かかるか分からない。
黙々と25分くらい歩いただろうか。
港到着。
船は既に来ている。

今日は、この船でBåtsfjordまで。
当初ルートを考えていた時、バスなどの地上ルートを検討していたのだが、ちょっと見た感じでは、同日中にBåtsfjordまでたどり着けないようだった。
そこで船ルートも見てみたら、時間はかかるが夜には着けそうだったのでこちらの案にした。


2017年9月ノルウェー


予約票とパスポートを見せてチェックイン。
Båtsfjordまでは、船で7時間。そこそこある。
しかし、予約段階でキャビンが一杯で取れず。
昼間だし、まあ良いかということで。

荷物は預けられるというので、聞いてみたら受付そばのドアから出た所に棚があって、そこに置いておけとの話。
チェーンでつなげて置けば良さそうではあるが、室内ではないし、上の方からなにやら水がこぼれているので、7時間も置きっ放しだとそこそこ濡れる予感もしたので、面倒ではあるが、デッキまで運ぶことにした。


2017年9月ノルウェー


出港当初は、波もほとんど無く穏やか。


2017年9月ノルウェー


デッキスペース。

レストランはあるみたいだが、売店的なものがあるのか、よく分からない。


2017年9月ノルウェー


いつの間にか、波もそこそこ大きくなってきて、船も結構な揺れ。
久しぶりに船酔いに。


2017年9月ノルウェー


Vardø着。

Vardøを出てからも、揺れは結構なもので、ご婦人達は、座っている椅子ごと、右へ左へと動きまくり。
いくつかの椅子はチェーンで船揺れ対策してあるようだが、それ以外は大変なもの。
それでも、笑いながら話をしてたり、本読んでたり、携帯見てたり。この程度は良くあるものなのか・・・?

窓の外を見ていると、空しか映っていないと思ったら、次の瞬間、窓の3/4くらいに海面が見える。
Vardøに着く前ほどではなかったが、まだ船酔い状態が続いており、ソファに寝転がったりしてなんとかやり過ごす。

こんな揺れだと、レセプション横に荷物置きっ放しにしてたら、とんでもないことになっていたかも・・・・?


2017年9月ノルウェー


20時前、Båtsfjord着。
降りたのは、我々だけ。

ホテルは地図上では近いはずだが、どこから道に出れば良いのかが分かりずらい。
ただ、それっぽい道を見つけ歩いてみると、ものの数分で着いた。


2017年9月ノルウェー


今ならまだ、ホテルで夕食を出してくれるというので、ホテル内のレストランで夕食を取ることに。
宿泊者以外も食べにきているようだ。

オーナーがテーブルに来て話しかけてくれた。
船で来たことを言うと、「あの船は古いし、小さいから揺れる」とのこと。
帰りも船だが、船名が違うので、今日程ではないことを祈るばかり。


それにしても、我々以外に宿泊者はいるのだろうか?
車はあるようだが。。。。


2017年9月ノルウェー


鱈(Torsk)。


近くにスーパーがあるみたいだが、やっているかもよく分からないし、飛行機、バス、船の連続でさすがに疲れたので、明日行ってみることにする。

近くの部屋から?話し声がする。
やはり、他にも宿泊者がいるようだ。




関連記事

0 Comments

Leave a comment