2016_01
19
(Tue)21:20

2015年12月 北欧 8日目 

8日目。


December 2015

昨日から降り続けているのかは分からないが、雪。

今日は、Bodøへ移動する日。
Åまで歩いた時に通り過ぎた港から出る船に乗るので、そこまで行く必要がある。
丁度良い時間のバスも無いし、今回の旅行でロフォーテン最後の日なので、歩いてゆくつもりだったのだが、
雪が降ってるせいで、相方に強固に反対される。


December 2015

そばにある橋の方へちょっと行ってみた。


December 2015

気温的にはそれほどではないけれど、時より強い風が吹き、それがかなり寒く、さっさと部屋へ逃げ帰る。

基本的に海に沿って歩くことになるので、強風も覚悟しなければいけないし、、地面も凍っていたりするし、
雨が降ってる中で2時間半だと、雪だと。。。

となると、残るはタクシー案。ネットでいつくか見つかるけれど、どこが良いのかさっぱり。
こっちに来てから、タクシーが1台だけ見かけたけど、それ以外まったく見てない。
あまり遠くから来るのだと、それだけで結構なお金がかかりそう。

宿のご主人なら、近いタクシーを知ってるかも知れないと思い、レセプションに行ってみると、また閉まっていた。
同じように電話か直接来てほしいとの張り紙がされているので、レセプションを通りすぎ、一番奥の家のベルを
鳴らすと、ご主人が出てきてくれ、ついで、奥さんが出てきてくれた。

事情を話すと、タクシーを呼んでくれるとの事なので、少し余裕を見て、14時半に来てもらうようお願いする。
すると、港には待つ場所が無いので、部屋で待ってて良いよと言ってくれる。
重ね重ねお礼を言い、部屋に戻り待つことに。

タクシーの件はクリアしたが、もう一つ心配事が出てきた。
この雪で、この風で、そもそも船は出るのだろうか?
今日乗るのは、RUTE 18-782のBodø行きなのだが、キャンセルになったりしないだろうか?

Torghatten Nordのサイトを見てみると、既に、いくつかの便にキャンセルが出ている。
Bodøへ今日中に行く他の手段を調べてみても、どうも無理そう。
となると、Bodøに予約したホテルもキャンセルしなければならなくなってしまう。

タクシーの時間が近づくなか、結構頻繁にサイトをチェックしてみたが、どうやらキャンセルにはなってなさそうだ。

14時半、呼んでもらったタクシーに乗る。
途中、雪と風はさらに厳しく、歩かなくて良かったと、車中から外を見て思う。

20分くらいで港に到着。
脇にある、小さい掘っ立て小屋のようなところで待ってられるよと、運転手さんが教えてくれた。
中は机と椅子だけのシンプルな小屋。


December 2015

大して待つ事もなく、無事船が到着。
二人して、なぜか、小さい船をイメージしていたのだが、車ごと運べるタイプのそこそこ大きい船だった。


December 2015

既に、お客さんが何人かいて、座席に寝転がったりしている。
そういえば、この船は、Værøyから来たんだった。

15時半、予定通り出港。

これでロフォーテン諸島ともお別れ。
初日以外、天気には恵まれなかったけど、オーロラも見れたし、抜群の景観の中でゆっくり散歩できたし、
かなりの充実感。
やっぱり、ハイキングできる季節に来たい。今度はもうちょっと北側に行ってみたい。

船が出てしばらくして、レストランも空いたので、軽く食事。
Bodø着は19時。
夏ならば、外の景色が楽しめるかも知れないけれども、時折月が覗くくらいで、真っ暗。


December 2015

もうそろそろBodø。
こちらも雪が降っているみたいだ。


December 2015

船を降り、ホテル目指して歩く。
雪も降ってるし、時折強い風が吹くけれど、向こうにいたときに比べ、寒さはかなり和らいでいるように感じる。
そんなに言う程南におりてもいないと思うのだけれど。


December 2015

無事ホテル到着。
少し休憩し、夕食をどうするか考える。

ステーキのお店を発見し、webサイトを確認したところやっているようなので、店に向かってみるが、何故か閉まっている。
それなら、スーパーで何か買って、部屋で食べようかと向かってみるが、やはり閉まっていた。
仕方なく、ぶらぶらしてみたり、携帯で店を探したりしてみるが、これという店が見つからず、結局、ノルウェーで何回か
行っているレストランEgonへ。


December 2015

オニオンリングとフレンチフライ。


December 2015

前回と同じ、鱈。


December 2015

前回と同じ、サーモン。


December 2015

食事を終え、少し散歩。


December 2015

明日は、コペンハーゲンに戻る。


関連記事

0 Comments

Leave a comment