2016_01
13
(Wed)21:20

2015年12月 北欧 5日目 

5日目。朝から雨。

今日はバスでの移動日。

昨晩スーパーで買ってきたもので朝食を済ませ、10時半頃チェックアウト。
なんと、こちらの都合で1泊しかできなかったのに、1泊分の料金にしてくれてた。
Narvik着直前の電車の中で話した時に、2泊分の料金は払うと言ったのだけれど、本当申し訳ない。

チェックアウトを受け付けてくれたお兄さんが、ロルブーの名前を入れた、Arc'teryxのジャケットを着ていて、
それが格好良かった。
後で、ダメもとでも、そのジャケットは買えるのかを聞けば良かったと後悔。

雨の中、バスが出るSvolvær Sentrumまで歩いてゆく。
昨夜夕食を食べに行ったレストランも通り過ぎ少し行くと、広場に出た。
やや向かいの方にインフォメーションがあったので、そこで正確な乗り場所を確認。
インフォメーション傍の道を左に折れてしばらく行くと、すぐにバスが来た。

11時10分、18-741のLeknes行きが出発。
Leknesまでは約1時間半。

結構な雨で、外も良く見えないし、たいした時間じゃないけど雨の中歩いて、既にやや疲れてしまい、
ぼーっと乗っていると、ほぼ予定時間にLeknes着。
結構大きい街に思えるが、乗り換え時間が5分しかないので、散策できず、残念。

バスが止まったちょうどその前に、18-742のÅ行きのバスが来ていたので、乗り換え。
運転手さんに、我々が降りる、Sakrisøyaに来たら教えてくれるようお願いする。

12時40分、Å行きが発車。

December 2015

少しすると雨が上がったようだ。


December 2015




December 2015

14時前、Sakrisøyaに到着。
まん前が、今日から宿泊する、Sakrisøya Rorbuerだった。
レセプションに行ってみると、まだ閉まっており、電話をするか、もしくは近くに住んでいるので、呼びに来るよう
書いてあるので、電話してみる。
何回目かの電話で、レセプションの目の前の坂を一番奥まで上がった所にある家からおじさんが出てきた。

しかし、どうも宿泊客についてのノートらしきもの?を、もう一人の方が持っているだとかで、探しに行ってしまった。
ので、そのまま待つ。

しばらくすると、奥さんらしき人が来て、レセプションを開けてくれ、チェックイン。
どうやって来たのかを聞かれたので、バスだと答えると、ここからReineの方に向かって、1.5km程行ったところに
スーパーがあるのだが、明日から4日間閉めてしまうらしい。しかも、今日も5時か6時には閉めるだろうから、
食料などを買うなら、それまでに行ったほうが良いと教えてくれた。

チェックインを済ませると、これから部屋を掃除するので、15分程待っていてほしいと言われる。
こちらがチェックインより先に来てしまったので、そこで待たせて頂く。

レセプションの奥に、人形をメインとしたおもちゃが大量に陳列されている。
ミュージアムのためのもののようだけれど、並べ終わっていないものも大量に床に置かれたままに
なっている。まだ色々集めている途中でもあるのかも。何点か、日本の人形も飾ってあった。

しばらくすると、男性のお客さんが1人入ってきて、掃除から一旦戻ってきた奥さんに話をしてチェックイン。
同じようにスーパーの事を話ししたらしく、そのままどこかへ行ってしまった。
きっと部屋が用意できる前に、買いに行ったのだろう。

用意できた部屋に案内してもらい、ダストビンの場所や、チェックアウトするときのやり方も併せ説明してもらう。

荷物を置き、一息つく暇もなく、隣の島のスーパーへ買い物に行く。
外に出ると、さっきやんでた雨が。

道中、人通りはほとんど無く、車がたまに通るくらいだが、歩道らしきものがあまり無いので、車が来ると少し怖い。

とぼとぼ歩いてスーパーに到着。
明々後日のチェックアウトまでに必要そうな量の食料を購入し、また雨の中帰る。

夕食を済ませ、少し早めに就寝。
明日は晴れると良いけど。

何時頃だったのか、隣のキャビンに人が入ってくる音が聞こえた、さっき会った人かなぁ。


December 2015



関連記事

0 Comments

Leave a comment