2016_01
07
(Thu)22:03

2015年12月 北欧 3日目 

3日目。

朝8時にはなってなかったように思う。
目が覚めると、列車は止まっていた。
窓の外には貨物列車が見える。

少ししてから食堂車にコーヒーを買いに行った時、通路から外を見たが、どこかの駅に止まっているという
訳ではなさそうだった。

以前Stockholm - Narvik間に乗った時は朝乗り換えがあったりしたけど、今回は1本。
駅でもないのだから、乗り換え待ちでもない。
ただ、どこに止まっているのかが分からなかったのもあって、そのうち動くだろうと気楽に思っていた。

が、一向に動かない。

しばらくすると、アナウンスがあり、どうも列車になんらかのトラブルがあり、2時間程度遅れるとのこと。
元々、Narvik着予定は、12時半過ぎ。バスに乗るのが15時半過ぎなので、3時間の待ちがある。
多少ぶらぶらしようかと思ってたけど、それもあまりできなくなりそう。
ただ、まだ乗り換えに1時間があるので、バスには余裕で乗れそうだった。

しばらくぼーっとしていると、再度アナウンス。
列車の故障により動けず、3時間遅れになるらしい。
もしかしたら、今のこの状態は、修理をするチームが来るのを待ってるとか、そういうことだろうか。

とにかく困った。
駅からバス乗り場までは大してかからないはずだけど、あまりにもぎりぎりだし、3時間以上遅れると、
もう間に合わない。
とは言え、なにもできないので、ただ待ってるしかない。


December 2015


ようやく動き出した時には、4時間以上遅れることが確定していた。

完璧に乗り換え不可能。
Narvikから乗るバス、23-760のルートは、15時34分発がその日2本目で最終。
それに乗れないと、今日中にSvolværへたどり着けない。

KirunaやNarvikから飛行機で行く方法や、Bodøまで行って、そこから船で行く方法などを調べてみるが、
どうも無理そう。


December 2015

そろそろKirunaに着くようだ。

そういえば、採鉱の関係かなにかで、Kirunaの町が移動するという話は本当になるんだろうか。


December 2015

Kirunaに着いたのは14時前。
ここからNarvikまで、まだ3~4時間はかかるんじゃないだろうか。


16時を過ぎた頃、ふと携帯を見ると、留守電が入っていた。
確認してみると、今日宿泊予定だった、Svolværのロルブーの人で、16時にレセプションが閉まることと、
それ以降の鍵の受け取り方法を伝えてきていた。
すぐに電話をし、電車が遅れたため、今日は宿泊できず、明日チェックインになることを話した。
ついでに、Narvikからのバス以外で、今日到着できる手段はないか聞いてみたが、レンタカー以外には、
おそらくないだろうとのこと。
「レンタカーなら景色を見ながら来れるよ」的な事を言われたが、そもそも車を運転する準備なんてしてきてないし、
ロフォーテン諸島は雪だったりしないのか。そんな中運転なんて怖くてできない。

残念ながら、今日はNarvik泊になりそうだった。



December 2015

結局17時近くにNarvik着。
なんだかんだで24時間近く、電車に乗ったまんまだった。
結構快適だったけど、さすがに乗りっぱなしで疲れた。

さっそく携帯で、空いているホテルを探し、見つけたところを予約。駅から向かっていって、チェックイン。
荷物を置いて、来る途中で見つけたアメリカン・ピザのお店に行って夕食。



December 2015

帰りにスーパーで水などを買いつつ、少しだけ散歩。

部屋に戻り、バスの時間と乗り場を検索。
正確な時間は忘れたが、9時40分くらいに、AMFIにあるターミナルから乗れるらしい。
AMFIといえば、以前Tromsø行きのバスに乗った場所だ。


関連記事

0 Comments

Leave a comment