2015_02
21
(Sat)19:56

2014年年末 - 2015年年始 北欧 3日目 

12月30日

ホテルで朝食を取ったあと、外へ出るとやっぱり雨。
今日は、夜のオスロ行き列車が出るまで、トロンハイム観光。

201412-201501

昨日降りたトロンハイム中央駅。今日の夜、オスロ行きの列車に乗るのもここから。

駅の東側を北に向かって歩き、フッティルーテンが停泊するターミナルの方まで行ってみる。


201412-201501

Narvikはあちら。
ヨーロッパリベンジでは、ナルヴィクまで900kmくらいって言ってたっけ。

201412-201501

ちょうど停泊中だった。また乗りたい。。。

もう少し海へ近づいてみると、遠くにMunkholmen(ムンク島)が見えた。

201412-201501

昔は修道院だったり、処刑場だったりしたそうだが、今はリゾート施設というか、観光できる場所に
なっているようだ。
船で行くことも出来るが、この時はそこまで頭がまわらず、眺めるだけで終わり。


201412-201501

出港してゆくフッティルーテンを見送ってから、駅の方へと戻る。



201412-201501




それにしても、ストックホルムよりそこそこ北なのに、こちらの方が暖かい。
気温を見ると、7℃とある。


201412-201501

そろそろコーヒーで一休みと思い、Dromedar Kaffebarを探しつつ歩き、なんとか見つけたが、
その頃には、昼食を取りたい程度の食欲が出来てたため、カフェに入らず、レストランを探し、
以前ベルゲンでも入ったEgonへ。


201412-201501

鱈とサーモンの料理をオーダー。こちらは鱈。

レストランを出ると、やっと雨が上がった。が、空は相変わらず重苦しい。


201412-201501

ムンケガータ通り(Munkegate)の辺り。この辺りはショップなども多く、賑やか。


201412-201501

ニーダロス大聖堂。中世の建物としては、ノルウェーで最大らしい。
残念ながら開館時間を過ぎており、中には入れず。

観光名所的な場所はもう良い、という話になり、だらだらと散歩。

201412-201501

ニデルヴァ川沿い。


201412-201501

川の向こう側へ行くことにし、はね橋を渡り反対側へ。


201412-201501

少し歩いていると、思い切り住宅街に入ってしまった。
道路に砂利がまかれていない場所も結構多く、歩くのにとても苦労した。
それにしても、15時過ぎで真っ暗。。。


201412-201501

そのまま通りを北に歩き、はね橋より一つ北にある橋の辺りまで戻ってきた。

この後、雨も降り出した上、時間的に観光できるような場所も閉まり、見たい場所もなく。
とは言え、暗い中をぶらぶらしているのもあまり良くないと思い、かなり早いが水などをスーパーで
購入してトロンハイム中央駅へ向かう。

駅のベンチで特に何をする訳でもなく、ただボーっと電車が来るのを待ち続ける。
時々、駅の周りくらいでも歩いてみるかと外へ出るも雨が止む気配もなく、仕方なしにベンチに戻る。

201412-201501

4、5時間くらい待ったか。やっと来たオスロ行きへ乗り込む。

予約しておいた寝台の部屋近くがトイレだったのだが、なかなか臭いが厳しく・・・・
夜中にその臭いで起きてしまうことがあるほど。

あれはなかなかつらかった。

関連記事

0 Comments

Leave a comment